スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2015.06.11 Thursday  | - | - | 

アルケッチャーノ 奥田ゼミ参加 第二弾

今回のテーマは「ハーブ」です。日常の食事がほぼほぼ和食なので、なかなか取り入れにくいハーブ類。しっかり学んで帰りましょう。。。メニューは:
*ハーブのサラダ/ジェノヴァペースト(リグーリア風パスタ)/ミネストローネ 

=ミネストローネ=
ミネストローネにハーブ類を使ったことのない私は、何のハーブを?と当初、懐疑的。結果はフレッシュのローズマリーの茎を使うというもの。煮るときに香りのみをつけ、仕上げに葉を刻んで散らします。さわやかな香りが広がります!
この日はミネストローネを硬水と軟水で作った場合の違いを観ました。

硬水:沸騰しているとき、硬水は灰汁がたくさん出ます。(ひくことで透明感あるスープに仕上がります)硬水の中のMgとCaは90度で食材にくっつくので、一端90度に温度を下げると煮崩れしにくくなります。
軟水:灰汁の出方が硬水よりやや少ない。CaとMgが吸着しにくいので、野菜など食材の旨みが水にとけ出し、野菜も軟らかく煮あがります。
食べてみると一目瞭然!硬水のものは野菜の角が軟水に比べて立っています。軟水はスープ自体の味がやわらかく、旨味があります。
大切なのは、出汁は必ず軟水で引くことですね。硬水では昆布、鰹節の旨みを引き出すことができません。


=ジェノヴァペースト=
私は最初からバジルを入れて撹拌していました。正しくは→熱をかけないよう、松の実とガーリックオイルを撹拌後、冷蔵庫で冷やしたものにバジル、パセリ、大葉(も合うんです)を入れてオリーブオイルでコーティングしてからなるべく短時間でバジルたちが’火傷しないよう’仕上げます。
すばらしいコクのある、香り高いソースに仕上がりました!カッペリーニを使用されたので、からみも良く、しっかりした味わいで、思わず「白ワインしるぶぷれ!」と叫びそうになりましたkyu


=ハーブのサラダ=
リーフレタスとたっぷりのハーブ(ハーブはたくさんの種類を合わせるとおいしくいただけます。この日はセルフィーユやディル、ブロッコリースプラウト、パクチーなど7種類)をしっかりと、オイルコーティングして塩のドレスを着せるとあーら不思議!素敵においしいハーブのサラダに仕上がります☆

=おまけ:端切れ野菜とハーブのパスタ=
にんにくとベーコンの香りをまとったカッペリーニと端切れ野菜を合わせ、たっぷりのハーブをトッピング。香り豊かで夏にぴったりの一品です!


奥田シェフの調理は調理科学的お話が盛り込まれていて、私はうんうん、うなずきながらの納得づくしの論理が展開されるので超有益です。

なんと!シェフ、庄内では、湧水を汲んで調理に使われたそうですが、専門機関に調査に出すとお金がかかるので、ご自分の’喉メーター’で硬度を、ほぼほぼ誤差なく(+−6!)当てられるそうです!

毎回、すごい〜!が詰まった奥田シェフのゼミ、次回が待ち望まれます〜☆
 
2015.05.20 Wednesday 10:10 | comments(0) | - | 

京都弾丸ツアー

[ ]
5月中盤の土曜日、料理教室を終わらせ、その足で京都に向かいました。日曜日午前中からの打ち合わせのためです。
24時間しかない京都滞在!何食食べられるか?何を食べるか?一食入魂魂(いっしょくにゅうこんだましい)に火がつきます火

主人が昔、友人に連れて行ってもらっておいしかったというお店「いしがま亭」でディナーを。木屋町、鴨川を臨む京町屋の雰囲気がとても素敵です。文字通り石釜焼き料理、そして大好きな鴨料理がメインのお店です。

*生ゆばときゅうりの和え物/小松菜のお浸し/鴨ささみのたたき/鴨ロースの串かつ/京丹波ポークと九条葱の黒こしょう炒め/
*熱々ポテトサラダ(石釜で焼き上げます!)/京茄子と万願寺とうがらしの揚げ出し/
*京鴨ロースと京野菜のしゃぶしゃぶ&〆の鴨出汁ラーメン

=お酒=
*ザッカニーニ、モンテプルチアーノ・ダブルッツオ、トラルチェット
*ICE Breaker 玉川 純米吟醸・無濾過生原酒(木下酒造)(ロック専用に作られた日本酒です)







そして新蛸薬師通り、麩屋町西入るにある「バー・シェーブル」で大人の時間を過ごしました。。。

翌日はミーティングの後、早めの夕食のために長岡京の「錦水亭」へ。明治14年創業の老舗、筍料理といったら錦水亭。
八条ケ池にせり出すような数寄屋造りのたたずまいのお座敷でのお食事は最高です。



3月中旬から5月末の期間は筍料理オンリー。朝堀りのたけのこを、コース仕立てでいただくことができます。
*木の芽あえ/(たけ)のこ造り/若竹すまし汁/じきたけ/田楽/焼竹/むしたけ/てんぷら/酢の物/(たけ)のこめし/水物





おいしい京都、楽しみました♪
2015.05.18 Monday 09:13 | comments(0) | - | 

そら豆まつり

初夏を思わせるような木曜日、鶴見の農園での3度目のゼミに参加しました。
この日はそら豆を使ったずんだ餅、ずんだあんの茶巾、甘納豆作りがテーマです。

見て見て!このそら豆・・・塾長が朝、大田市場で購入してきてくださった、総量12kgのぴっかぴかのそら豆。
Lサイズで大きい豆が3つ、時には4つ、びっしり入ってます!



茹でて皮を剥き、ずんだ餅用、漉して茶巾に、そのままの形を活かして甘納豆に。
最高のぜいたくですね。。。絶好の初夏のお楽しみ♪でした!ありがとうございました!!
2015.05.15 Friday 09:12 | comments(0) | - | 

宮崎の休日

[ - ]
なかなかアップできずに10日近くがたってしまったブログ。。。ですDocomo_kao8

このゴールデンウィーク、母宅の訪問が今回の宮崎行きの主目的ですが、主人と一緒の旅で、レンタカー利用なのでフットワークが軽め。ありがたし!

羽田からのお昼のフライトで行ってきまーす!・・・ところが、なんか、ヘン〜!CAさん着席のままだし、お茶が出る気配もないし。。。と思っていると、機長さまのアナウンスが。「コントロールパネルの具合が悪く、羽田ー館山上空で調整飛行をしておりましたが、羽田に引き換えします」のアナウンス。最近いろいろあるので、安全を取っていただき、それはいいとして、フライトが17時過ぎ!なんだとぉ〜汗・・・この日のハハ訪問はあきらめて隣町のホテルにチェックイン。ホテルで食事後、街の繁華街(ってもお店が30軒ある程度♪)に繰り出します。
女性が一人でやっているおでん屋さん「おそめ」に入ってみました。お醤油も甘い土地柄なので、甘味が強く結構味の濃いめのおでんが主体ですが、ここのは関西風。すっきりとおいしい味わいで、これも特徴でしょうか、軟骨が入っていて、長時間煮込んだコレ、絶品です!(画像取得無し)

翌日は宮崎市街地方面に向かいます。宮崎の海とたわむれる父に1年ぶりのあいさつをして、この日のお宿、シーガイアのシェラトングランデにチェックインします。さすがゴールデンウイーク、すごーい混みようです。
20:30に「タツヤカワゴエ ミヤザキ」に予約が取れていたので、まずはお部屋で喉を潤しましょう。。。そしてバー「ステラ」で仕上げのいっちょ手前。



そしてレストランでのディナー・・・
ソムリエさんが常駐していらっしゃらないのか、オーダーした白ワインのボトルが4度目の正直でやっと目の前に現れる、という
笑えるハプニングはありましたが、イタリアンというよりは、どちらかというと1つ星フレンチ、的な美しいビジュアル、美人さん味の、塩加減の按配もばっちり決まった、おいしいディナーでした。

*天空の畑【バーニャカウダ)
*フォアグラ、コロッケ、黒トリュフソース
*太刀魚のソテー えびのリゾット
*ホタテと鶏の焼きパテ、ジェノバ風タルタル
*タラバガニ・ポルチーニ・ネギのパスタ
*シロチョウザメの油味噌パン粉焼き・カポナータ添え(コース外料理・単品追加)
*牛、ルッコラ、パルメザン、バルサミコ




朝食バイキングもリッチ。テーブル越しの海、快晴なり!



帰路は無事でございました☆





 
2015.05.10 Sunday 22:51 | comments(0) | - | 

4月のクッキング・サロン

[ - ]
もう夏!?というような気候も多くなってきた今日この頃ですが、食材はまだまだ「春」感満載です☆
4月のお料理は「春のイタリアン」。春の食材をたくさん取り入れたお料理作りをお楽しみいただきました。





*新たまねぎの簡単スープ煮
*ドライトマトとベーコンのキッシュ
*春野菜のパスタ 塩・ガーリック
*鶏肉の香草パン粉焼き
*いちごのパンナコッタ

パスタにはたけのこやホタルイカ、あさりなどをあわせて春を詰め込みました!
キッシュは自家製のドライトマトと、ごろごろに切ったブロックベーコンを合わせた、パンチのある味わいがとても好評でした。

ご参加いただいた皆様、どうもありがとうございます☆
おうちでもぜひ、再現なさってくださいね♪



 
2015.04.30 Thursday 12:31 | comments(0) | - | 
<< | 2 / 109 PAGES | >>